読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキイキお婆さんのシワシワ日記

民間企業・公務員を経験した不審者が、上手な露天風呂の入り方について書きます。

小学生に寿司屋で動物将棋に挑まれたから本気出したら「甘えび」とられた

①先日寿司屋で枝豆を見つめていたところ、突然小学生に「動物将棋」の勝負をしかけられました。

 

②簡単に言うと「動物将棋」とは、将棋の簡易版のようなもので、3×4マスの盤に「王将」「飛車」「角」「金」「歩」を置いて戦います。最近小学生の間?で流行っているとかで、私もはじめてやりました。ひよこが「歩」、ライオンが「王将」のように、動物が駒に割り当てられているので「動物将棋」と言うのだそうです。

 

③大人の厳しさを教える必要があると判断し本気で戦いましたが、第1戦は当然のように負けてしまい、私の「甘えび」が捕られてしまいました。第2戦目は偶然勝利を収め、ようやくコツをつかんできたは私は第3戦も勝ち、第4戦は相手の「王将」以外全てを取ってから勝つことができました。

 

④絶望する小学生に今度再戦する約束を交わし、「甘えび」の皿を小学生に預けて私は岐路についたのです。そして今、携帯アプリで「動物将棋」をダウンロードし、来るべき再戦に備えて、必死に特訓をしています。小学生もご両親と練習すると言っていたので、今度の戦いが楽しみです。会えるか分かりませんが・・・。

 

⑤小学校の頃から、(運動ももちろん大切ですが)将棋や読書に触れさせるのも良いことなんだなぁと思いました。親の習慣がうつるのかもしれませんが。